ご予約・ご相談などお気軽にお電話ください
( 休診⽇:木・日・祝)

03-6812-1611

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-3-5 池袋伊藤ビル6階

電話をかける オンライン予約

インプラント

インプラントとは

インプラント治療とは、歯が失われてしまった部分に人工の歯を埋入する治療のことです。

人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。

入れ歯やブリッジと異なり隣の歯を削って負担をかけることもありませんし、自分の歯と同じような感覚で強い力で違和感なく噛むことができるようになります。

また、下顎の総入れ歯が不安定で動いてしまう方や、上顎の総入れ歯で口蓋が無いものを使用される場合などには、インプラントによって入れ歯を固定する方法も有効です。

インプラント治療の流れ

事前検査

インプラント治療を始める前には、慎重な事前検査が必要になります。レントゲン撮影・CTスキャン・口腔内模型検査などによる十分な検査を行い、綿密な治療計画を立てます。患者様の同意を得てから手術の日程を決めます。

治療開始

お口の中が清潔で炎症のない状態であることが確認したうえで、治療を開始します。 局部麻酔を行ったあと、顎の骨にインプラントを埋め込みます。このインプラントが新しい歯の土台となります。手術後は、インプラントと骨が結合するまで待ちます。様々な条件によって期間が異なりますが、2ヶ月~半年が目安となります。

人工歯の装着

インプラントが顎の骨と結合したら、インプラントの上にアバットメントを連結して人工の歯(上部構造)を装着する準備をします。

上部構造を装着

インプラントのヘッドに人工の歯(上部構造)を装着します。これでインプラントを装着する治療が終わります。

メンテナンス

インプラントを装着した後、インプラントを長持ちさせるため、メンテナンス(検診)に定期的に通っていただく必要がありま す。インプラントのネジの締まり具合を点検したり、噛み合わせの調整も必要になります。また、インプラントはむし歯にはなりませんが、メンテナンスを十分 に行わないと歯周病にかかることがあります。

歯を失った時の治療方法

歯を虫歯や歯周病、事故など何らかの理由で失ってしまった自分の歯の代わりに、歯を補う治療方法は、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つとなっております。

入れ歯

審美性×
金具が見えることが多い
他の歯への影響×
バネにより他の歯への負担
咬合力×
天然歯のときの20%まで落ちると言われている
違和感×
慣れるまで時間がかかる
適応症例
歯がなくてもできる
手術
なし
治療期間
比較的短期間

ブリッジ

審美性 
保険適用のものだと銀歯になることが多い
他の歯への影響 ×
前後の歯を削らなければならない
咬合力
痛みなどなければ、ほぼ天然歯と変わらない
違和感
ほぼ天然歯と変わらない
適応症例
ブリッジをかけるための歯がないとできないことがある
手術
ある場合もある
治療期間
比較的短時間

インプラント

審美性 
当院ではすべてセラミックで対応
他の歯への影響 
失った部位のみで対応可能
咬合力
天然歯と同様に噛める
違和感
天然歯とかわらない
適応症例
できない症例もある
手術×
必要
治療期間×
2ヶ月から1年

歯とインプラントの
違いとは?

主に、歯は、歯と歯槽骨との間に歯根膜という靭帯があります。
その靭帯がクッションの役割をするため、噛むことで沈み込みが起きたり、矯正治療のように歯を動かすことができます。

インプラントは、歯槽骨に直接くっつくため、歯のような噛むことによる沈み込みやインプラントを動かすことはできません。

インプラントの構造

インプラントを入れることで、噛み心地がいいです。(なんでも噛める)
見た目が自然安定性にも優れています。(10年予後が他と比較して良い)
インプラント治療を行うことで、歯を失ったことによるあごの骨の量の減少を防ぐことができます。
(いつまでも若々しい顔立ちを維持することができます。)

インプラントの
メリットデメリット

メリット
  • しっかりと強く咬める
  • 左右でバランスよく咬める
  • 食物をおいしく味わえる
  • 歯ごたえある食物の食感が楽しめる
  • 発音が安定して会話を楽しめる
  • 見栄えよく仕上げることが可能
  • 自信をもって笑うことができる
  • 取り外す面倒がない
  • 自分の歯にかかる負担が減って長持ちする
  • 隣の歯を削る必要がない
  • インプラントはむし歯にならない
デメリット
  • 噛む感覚が自分の歯と違う
  • 状況により見た目がご自信の歯と異なることもある
  • 他の歯が抜けて義歯を入れる場合、インプラントに不用意にフックをかけるとインプラントにダメージが加わることがあるため、義歯のデザインが制限れることがある
  • お手入れ次第で感染することがある
  • 治療期間が比較的長い
  • 食べ物が詰まりやすくなることがある
  • 外科処置に伴う痛み・腫れ・出血・合併症の可能性がある
  • 治療費が比較的高額

奥歯のインプラントの
メリット

昨今、歯科分野にて、審美性への要望が、SNSなどの普及により増えております。
当院では、審美治療も多数実績を備えておりますが、懸念している点もあります。

前歯のみのセラミックなどの治療を受けて、若い方なども含め奥歯がない状態などよく見受けられます。
見た目はいいですが、だいたいの場合いずれ、前歯を失うこととなります。

前歯の役目は、食べ物を噛み切ること。
奥歯の役目は、噛み切った食べ物を、すりつぶし咀嚼すること。
奥歯は、歯の解剖学的にも、根っこが2つや3つあり、横に大きい歯となります。

歯並びの重要性
   
  • 噛む感覚が自分の歯と違う
  • 状況により見た目がご自信の歯と異なることもある
  • 他の歯が抜けて義歯を入れる場合、インプラントに不用意にフックをかけるとインプラントにダメージが加わることがあるため、義歯のデザインが制限れることがある
  • お手入れ次第で感染することがある
奥歯1つなくなることにより、口腔内の咬合崩壊が
始まる一つの理由となる。
  • 奥歯がなくなることで周りの歯が倒れたり、動いてくる
  • 噛み合わせが悪くなる
  • 噛み合わせが悪いため、顔や顔の輪郭が変わってくる
  • その部位周囲に汚れがたまりやすくなる
  • 歯周病や虫歯を発症
  • なんども再治療することで、いずれ抜歯に
  • その範囲がどんどん広がって行く
  • 総入れ歯

 

極端な例ですが、このような経過をたどっている人は多数います。

奥歯のインプラントのメリット
  • 1.前歯に正常な噛む力を負担することができる。
    →奥歯で普通に噛むことができるため、前歯の負担が少なくなり、前歯の見た目や前歯を失うリスクを減らすことができます。

  • 2.しっかり噛むことで、全身への影響を少なくできる。
    →しっかり噛むことがインプラントであればできるので、認知症や全身疾患への影響を少なくできます。

  • 3.顔のバランスを整えることができる。
    →奥歯を1つ失うことで、咀嚼するときに、顎の偏位などが起こるため、噛み合わせの不調和による、肩こりや頭痛、顔の歪み、姿勢の歪みを生じるリスクがあります。インプラントにより噛み合わせを調整し体全体のバランスが整えられます。

奥歯のインプラントのデメリット
  • 1.保険適応外である
  • 2.治療期間が、他の治療法より長くなる
  • 3.骨が足らない場合、追加の手術が必要となることがある
  • 4.費用が高い

インプラント症例集

case1 前歯インプラント

術前

術中

術後

主訴前歯を入れたい
2年前に他院にて抜歯、コロナの影響もあったため、通院できなくなった。
期間3ヶ月
費用¥385,000(税込)デンタルローン 月々3500円(120回払い)
考えられるリスク一時的な痛みや知覚過敏、腫れ

case2
上顎犬歯相当部乳歯残存、
抜歯即時インプラント

術前

術後

   
主訴前歯が虫歯になっている
治療内容左右犬歯相当部が乳歯となっており、乳歯が虫歯により予後不良のため抜歯することとなった抜歯と同時にインプラント即時埋入、その日のうちに仮歯を入れることで、見た目も問題なく、生活していただいた。
期間4ヶ月
費用¥770,000(税込)(デンタルローン 月々6800円(120回払い)
インプラント2本セラミック含む
考えられるリスク一時的な痛みや知覚過敏、腫れ

case3 前歯インプラント
およびセラミック治療

術前

術後

   
主訴前歯が腫れる
治療内容前歯が破折していたため、抜歯と診断。炎症がひどいため、抜歯後、1ヶ月後にインプラント手術。治癒期間中、片方の前歯の根管治療などを行い、セラミックを被せた
期間6ヶ月(治療期間中は仮歯を装着したため、見た目は全く問題ない状態で過ごしていただいた。
費用¥660,000(税込)セミオーダーセラミックおよびインプラント
治療費、CTG費用(デンタルローン 120回払い:5700円)
考えられるリスク一時的な痛みや知覚過敏、腫れ

case4 前歯インプラント
およびセラミック治療

術前

術後

   
主訴事故で歯が折れた
治療内容前歯が破折していたため、抜歯と診断。炎症がひどいため、抜歯後、1ヶ月後にインプラント手術。治癒期間中、両隣前歯の神経も事故により失活を認めたため、根管治療およびセラミック治療を行った
期間6ヶ月(治療期間中は仮歯を装着したため、見た目は全く問題ない状態で過ごしていただいた。
費用¥825,000(税込)(フルオーダーセラミックおよびインプラント治療費、CTG費用)デンタルローン 120回払い:7200円
考えられるリスク一時的な痛みや知覚過敏、腫れ

よくある質問

  • 術中は、しっかり麻酔をして行うので痛みはありません。
    術後の痛みや腫れは?骨を増やす治療を併用しなかった場合、痛みや腫れは少なくすむ傾向はあります。
    骨を増やす治療を併用した場合、比較的痛みや腫れを伴いやすいです。

  • 虫歯にならないメリットはありますが、歯で言う歯周病のような病気のインプラント周囲炎を起こすリスクがあります。
    そのため、ただのクリーニングではなく、インプラントのための最適な定期的なメンテナンスが必要です
    また、インプラント治療は100%成功はうたわれていません。1%の確率で骨にくっつかない事例があります。その際は再度手術が必要です。

  • 症例によりますが、まずは歯を抜くこととなってしまった経緯が重要です。
    当院では、残せる歯は極力残すことに心がけています。
    まずは、歯を抜く前にご相談ください。

  • 治療期間はおおよそ、2ヶ月から1年程度です。
    症例によりますが、歯を抜くことと同時に仮歯を入れて、見た目に影響のないインプラントも行なっています。

  • 厳密には、わからないというのが答えです。
    20年以上問題なく使えている症例を多数見ておりますが、インプラント治療の大幅な普及自体、この15年前後のためはっきりとした期間は言えません。論文データがあまりないからです。
    しかし、近年のインプラント治療はほぼ確立しておりますので、10年以上はもつと言えると思われます。
    また、トラブルがある場合は、中ネジのゆるみなどにより被せ物のやり直しが必要な場合が多いです。
    噛む力が強い方に見受けられる傾向があります。当院のインプラント治療はこれらの理由より、10年保証(被せ物など含め)とさせております。

  • 奥歯のインプラントはアンチエイジングや見た目に非常にメリットがあります。
    たるみやしわの改善
    美味しいものを食べれることによる、老化の防止、ストレスの防止
    →しっかりと噛めるため、認知症予防、肥満予防への効果が期待されます。
    また咀嚼することにより唾液分泌が増えるため、虫歯や歯周病予防になります。
    しっかりケアすることにより口臭予防に→入れ歯は吸水性があるため、長期的に使用すると口臭の原因となります。
    ブリッジは、ダミーの歯の下に汚れが溜まりやすくなるため、口臭の原因となります。
    これらにより、よく噛めることは、口元にハリを与え、若々しく心も体も元気にします

  • 糖尿病
    →HbA1cの数値によりできる場合、できない場合があります。
    手術の際は、抗生剤の術前投与を行い、全身状態を確認しながら行います。

    高血圧
    →手術日の数値によってはできないこともありますが、大抵の場合は可能です。
    全身のモニタリングを行いながら手術を行います。

    骨粗鬆症
    →服用中の薬の種類を教えてください。
    CT撮影により、骨質をしっかりと精査した上で手術を行います。

    心疾患既往歴のある方
    →術前投与、モニタリングをしっかり行いながら手術を行います。

    他全身疾患のある方
    →上記以外でのご病気の方もまずはご相談してください。

インプラントの相談受付

インプラントは歯周病
専門医にお任せ

歯周病専門医はインプラントのプロフェッショナルでもあります。他院で断れてしまったケースなども当院で治療可能な場合がありますので、ご相談ください。

インプラント相談はこちら